前作のチェンクロとの違いはどんなところ!?

前作のチェンクロとワールドチェインの違いはどんなところ!?

チェンクロとワールドチェインの違いについて知りたいとおもいませんか?
知りたいですよね。
前作のチェンクロ(チェインクロニクル)が面白かったですし、しっかりとした王道ファンタジーゲーム!?だったので、今回のワールドチェインも楽しめるのかを知りたいと思います。
ではワールドチェイン製作発表の場での内容について確認していきましょう。
チェンクロとの違い

ゲームの種類

チェンクロは自称王道ファンタジーでした。
ファンタジーだからこその、ブレイブフロンティアやアルスラーン戦記、ダンジョンに出会いを求めるとか間違っている、ログホライズン、サクラ大戦、アトリエシリーズ、シャイニングレゾナンス、シャイニングブレイド、閃の軌跡U、英雄伝説、聖剣伝説、範馬バキ、まおゆう、メディアファクトリーなどとのコラボがありました。
これらのコラボはファンタジー関連だからこそできたものもありますし、範馬バキとのコラボなどはやりにのっかったものもありました。
しかし、ワールドチェインはどうなのでしょうか?
学園ものという設定ですが、歴史がゆがめられた世界ということで、三国時代や三国時代などの過去の歴史にのっとったキャラクターも出現するそうです。
ということは・・・
こじつければどんなゲームのキャラクターでも出現可能だという事でしょうか!?
ゲーム自体のキャラクターのことも気になりますが、他のゲームやアニメとのコラボも楽しみで仕方ありません。
期待しましょう。

バトル方式

チェンクロはタワーディフェンス式戦闘方式でした。
指が疲れましたが、キャラクターの配置などを考えながらすることで、オートでもなんとかなるなど戦略性に富んだバトルでした。
ワールドチェインにおいてはリアルタイム制の「R・A・D」(リヴァイブ・アクション・ディフェンス)バトルだそうです。
召喚して戦うというオートでも行えるバトル方式だそうです。
チェンクロとどのように違うのかについては・・・明らかになっていないので分かりませんが、どんな戦略を持ってできるのか、楽しみで仕方がないです。
今後に期待しましょう。